インターン富田さんの成果報告会 ~渡吉織物さん~

渡吉織物さんにインターンシップにきていた富田さんが1ヶ月のインターンシップを終了し、先日成果報告会を実施しました。

十日町市では昭和30年代:織物のみ、昭和40年代:染めブーム到来、昭和50年代:ピークが昭和51年、100件以上が組合に加盟、その後、マーケット全体が縮小し、十日町市における着物産業も縮小してきている・・そんな歴史を辿っているのですが、そんな中で渡吉織物さんは三代に渡り織物を営んでいる会社さんです。

そんな渡吉織物さんで1ヶ月間、織物の基本的な行程などを学ぶことができたようです。
そして、雪国生活を体験するために、富田さんは一度地元に戻られた後、冬本番の十日町に再び戻りたいということです。仕事&生活双方を体験して、移住に向けたイメージ固めをしてもらえると良いですね。

成果報告会の中で渡吉織物さんから色々お伺いしたのですが、面白かったのが繭が織物をする糸になるまでのお話し!
ざっくりですが・・

①繭から糸の材料を取る・・この時点で糸の長さは1,500mもある!そして細さは3デニール(9000mに糸を伸ばしたときの重さが1g=1デニール)。とっても繊細なのですねー!!
②羽糸を作る・・8個の繭から糸を作る、ここで21デニールになる
③撚糸・・糸をよって織物ができる糸にする。羽糸を8つ組み合わせる。八層(はちもろ)と八方(はちかた)の2種類がある。
④糸を染める・・染屋さんでやることが多いですが少量の場合は自分で染めることもあるとか。大きなメーカーでは自社で染めもやる。
⑤生地を織る(渡吉さん)

なんと織物に至るまでに非常に多くの行程があります!すごい!!
現在十日町界隈では③以降の行程が行われているようで、①や②は外国で行われていることが通常です。
中国などで絹の消費量が増えてきたことで、絹糸も値上がりしているのだとか。。

着物そのものの消費量は減ってしまっているのですが、手間暇かけて作られた着物をもっと流通させられるようにしていきたいものです。
十日町に関わっている我々としてもやはり着物をどうにかしたいという想いは強いので、今後も研究テーマにしていきたいと思います!

★イベントレポート★クラフトビールとシカゴピザで乾杯! 地元“あるある”ネタでワイワイしよう♪

11月11日(土)にALE beer&pizzaにて、婚活イベント「クラフトビールとシカゴピザで乾杯! 地元“あるある”ネタでワイワイしよう♪」を開催させていただきましたー♪

今回の企画は新潟市のニイガタ移住計画さんに集客及び当日の運営・司会のご協力をいただいたイベント。
新潟市からも多くの参加者に集まっていただき、十日町市・新潟市・南魚沼市・津南町から26名が参加するイベントになりました!

今回のイベントでは参加した皆さんそれぞれにグループワークをしていただき、地元”あるある”ネタを発表しあい、優勝チームにはクラフトビールをプレゼント!新潟県内の色々な場所から集まった皆さん、それぞれの地域によっても”あるある”がちょっと違うようで、違うところや共通点を発見しながら盛り上がっていただきました!6~7名×4グループでのワークを2回行ったのですがそれぞれのグループの中でチームワークも生まれ、男性同士女性同士も仲良く盛り上がっていただいたようでした(^^)/

司会をやらせていただいた私(岩井)は東京出身&まだ2拠点生活のため実は地元”あるある”で盛り上がろうといいながら、あんまり地元あるあるを知らなかったりしたのですが・・・皆さんの発表内容にへー!となるものや、あるあるー!となるものが沢山あり、面白かったです♪
因みに・・なんと「新潟あるある」という本が存在します!事前に予習しておくべきだったーと当日に後悔しました・・(司会を一緒にやっていただいたニイガタ移住計画の鈴木さんはさすが、事前にちゃんとチェックされていました!!)

そんなこんなでグループワークを行った後、フリータイムということで、ALE beer&pizzaのピザやクラフトビールを飲みながらの談笑タイム。皆さん親睦を深めていただけたようでした。

会自体は20時まででしたが、その後もALEに残って多くの参加者の皆さんが2次会を楽しみ、更に3次会まで行かれた方も沢山いらっしゃったようです!皆さん、連絡先の交換なども積極的にされて、いい出会いの場が提供できたのではないか!?と思っています。ありがとうございました!!

【インターン日記】研修ももうすぐ終了です(渡吉織物インターン、富田)

研修も終了になりますが、多少とも学ぶ事が出来たと思います。織物は奥が深く、とても繊細で少しでも気を緩むと後々影響が出てくるので、あの素敵な反物に出来上がる大変さと着物に仕立て、価格もそれなりになるのは無理もありません。物によってはそれ以上に感じました。

渡吉織物さんの十日町絣

休日の天気がいい日とたまたま月日が良かった事もあり、大地の芸術祭の作品を見る事が出来ました。十日町でこの様な事に力を入れているのはびっくりしたのと素晴らしく思いました。又、東京とは違う文化を感じられ、もう少し過ごしてみたいと思いました。ここで体験した事はとても良い経験をしました。

十日町市の町並み

【インターン日記】仕事の内容②(渡吉織物インターン、富田)

研修も半月が過ぎ、何もかもが足りなく、もう少し時間が欲しいと思いました。まだ十日町市(周辺)の事や特に冬の暮らしを知った上で、移住(仕事)を考えたいところです。しかし、人から聞いた話しによると家賃が高いのはびっくりしました。関東とあまり変わらないのはん~と思いました。

機織りを行いました。やはり、楽しいのと、そのが心地良く感じました。又、織りを行う時、ある程度の基本的な工程を知ると、様々な事に感じられます。

・織り工程(一部分)

・そうこう通し

たて糸、一本づつ穴に通す。

・おさ通し

そうこう通しの後、おさに二本づつ通す。

【インターン日記】仕事の内容(渡吉織物インターン、富田)

町の様子も少し慣れて来た所です。過ごして行く中、所々に野菜の直売所があるけれど、朝市の様な“いちび”、特に鮮魚店などが無いのは残念ですね。又、方言で会話の内容が分かりにくい事もありますが、これも、慣れないと、と思いました。しかし、地元の方々は親切で良くして下さいます。とてもありがたいです。

現場は何よりもを扱うことが、とても難しいです。見ている方は簡単に見えますが、実際に行うと、絹で細く、なかなか思うように行きません。手先が冷たいとなおさらです。少しでも、出来る様にしたいと思います。

織るまでに沢山の工程がある中の一部です。

・くだ巻き(2種類)

よこ糸用に巻く。

 

・ざぐり

束になってある糸を枠に巻く。

・糸を染める

染料で染める。

★ツアーレポート★十日町市の魅力を発見しよう!!移住ツアーin十日町市(きものの町十日町編)

 10月21日に十日町市における移住促進事業の一環として、十日町市の魅力を発見しよう!!移住ツアーin十日町市(きものの町十日町編を開催させていただきました。

この取り組みは、1年を通じて十日町市の様々なエリアをご案内したり、地元の方との交流をしていただくことで、HPや移住相談会や通常の観光ではなかなか知ることができない十日町市の魅力をお伝えしていくことを目的としたツアーです。

第2回目となる今回は、十日町市の中心地であり着物産業の中心地となっていたほくほく線/飯山線十日町駅周辺で十日町市を体験いただきました!

最初のランチ@うぶすなの家ではうぶすなの家をきりもりするお母さんたちがたっぷりと十日町の取り組み、芸術祭のこと、地域の魅力などをお話しくださり、そして最後のきもの絵巻館では運営会社である「きものアイ」(吉澤織物さんの販売会社)の吉澤社長に十日町のきものの歴史と今についてのお話しや素晴らしい着物を沢山見せていただきました!

最後の懇親会も日本酒を飲んだり、妻有ポークのお料理を楽しんだりしながら、参加者同士も沢山のお話しをされて親睦を深めることができました(^^)/

 

ツアーの流れ

11:15 北越急行ほくほく線/飯山線 十日町駅集合
11:45 うぶすなの家でランチ&ツアー説明
13:20 空き家見学(新水のシェアハウス 他)
15:00 諏訪神社&中心市街地ツアー
16:40 きもの絵巻館見学
18:10 北越急行ほくほく線/飯山線 十日町駅駅解散
18:30 懇親会(ご希望の方のみ)

それでは早速ツアーの内容をご紹介します♪
まずはうぶすなの家
こちらは2006年の第三回大地の芸術祭時に作られた作品。十日町市の東下組という場所にあります。
大正時代に作られた風情ある建物。2004年の中越地震の際に被災してしまったのですが、それを補修しながら10名にもなる芸術家たちが「やきもの」で再生しています。現在こちらは地域のお母さんたち10名により運営されており、とっても美味しいランチを食べることができます。
到着するとすぐに、お母さんのお一人が出迎えてくれ、うぶすなの家のこと、芸術祭のこと、地域のこと・・など沢山のことをお話ししてくれました!!!
 芸術祭の始まった年にはなんと地域のお母さん皆でうぶすなの家を運営しており、60名にもなる人々が関わっていたとか!!すごい!
そして今は少しでも地域の活動拠点になるように、という思いでインターン生の受入れなどもされています(写真の奥の方にいらっしゃるのが今インターン出来ている人です)。十日町を元気にしていきたい、そんな思いがとっても強く、そして実際にアクティブに活動しているお母さんたち、素晴らしいです!そして本当によく色々なことを知っている!!
そんな話しを伺っているうちに、豪華なランチが登場!!
もちろん全部手作り!こんにゃくまで手作り!お米は今年の新米!!
どれも美味しくて、皆さんご飯をモリモリお代わりしていましたーー!(すごく甘くて美味しいお米です!)
最後に芸術作品であるうぶすなの家の中を見学させてもらいました!素敵な芸術作品が沢山あります!
そして続いて、空き家ツアーへ!
一つ目は、新水にあるシェアハウス!こちらは2017年4月にオープンしたばかりの新しい物件。
古い民家をリノベーション、十日町市内の設計事務所がデザインをしています。
6部屋があり、短期のお試し居住もできる物件です。外観もとっても素敵です。
中もとっても綺麗。地域の方と交流ができるようにと、リビングには大きな土間が用意されています。
色々な使い方ができそうですね。
お部屋もすぐに住める状態!梁が素敵です。
二つ目の物件は十日町の空き家バンクに登録されている売り物件の一軒家。
水周りなどはリノベーションされていてすぐに住める状態になっています。
古い物件ではありますが、和室のしつらえも素敵です!

普段なかなか見られない、一人で見に行くよりも気軽に物件を見ることができるということで、皆さんとても楽しんでいただきました!

 

そして、続いて市街地ツアーへ!
織物関係者の信仰を集める「御機神社」も祀られている、諏訪神社です。
高台にあるので登り坂がちょっと大変ですが、町を一望することができます。

市内を一望! 
その後、車で色々な中心市街地の施設を回ったり、キナーレに立ち寄ってお土産を買ったりした後、「きもの絵巻館」へ!
まずはきもの絵巻館を運用するきものアイの吉澤社長自らが十日町の着物産業の歴史や現状を詳しく教えてくれました。
そしていよいよ、着物を見せて頂ます!沢山のきものが展示販売されている・・!
綺麗!!!友禅染の着物たち。
こちらは総絞りのもの!!お値段にもびっくりですが、手が込んだ素晴らしい着物です!
こちらは越後上布の帯!ご説明いただいているものはユネスコ無形文化遺産登録されている重要無形文化財のものです。
伝統的工芸品「十日町明石ちぢみ」もたくさんあります!
素晴らしい解説付きで沢山のきものを見せていただきました!見るだけとは全然違います!
そんなこんなで、第二回目は少し長めのスケジュールでしたがあっという間にツアーは終了!
最後はイコテ/IKOTEで懇親会!多くの皆さんにご参加いただきました(●^^●)
美味しいお酒とご飯を食べながら、ツアー参加者同士でワイワイと盛り上がってお話ししていただきました♪
今回のツアーも見所盛りだくさんでとても楽しかった!というご意見を沢山いただきました。良かったです!!!
次回は冬場に中里エリアを対象にツアーを実施します!
ツアーのお知らせは弊社HP、FacebookページPeatixイベントページなどで発信しますのでチェックしてみて下さいね♪
—————————————————————————————————
※本ツアーは株式会社YELLが十日町市より委託を受け企画運営を行っております。
お問合せ先:
十日町市役所企画政策課/株式会社YELL(運営受託)
TEL:025-761-7401  Mail:tokamachiyell@gmail.com

【インターン日記】初めてのインターン日記投稿!(渡吉織物インターン、富田)

埼玉県から来ました、富田と申します。織物に興味があり、インターンシップを行ている十日町に来ました。10月10日から研修を受け入れて下さいます渡吉織物さんの所に通い、十日町の暮らしの様子を1ヶ月間体験します。

移り始め、気温の差があり過ごしづらく感じましたが、慣れてしまえば、それなりに過ごせました。又、季節的にも、新米や食材で美味しく頂けました。

ここ暫くは織の流れを乗るのと、用語を理解するのに精一杯で、ぎこちない作業の中、渡吉さんのご家族にとても親切丁寧に教えて下さり、ご主人には業界の関する所の案内をして下さいました。

これから色々と覚えていくことが楽しみです!どうぞ宜しくお願いします。

★ツアーレポート★棚田&田んぼアートツアー

9月18日(祝)にゲストハウスハチャネのクラウドファンディングでご支援いただいた素敵なご夫妻をお連れして、星峠の棚田、新しくできた慶地の棚田、田んぼアートの田んぼなどを巡るツアーをしました!

 

今十日町の田んぼは刈入れ前、黄色く色づいた稲がとても綺麗な時期です。
台風が接近する生憎のタイミングではあったのですが、綺麗な棚田の様子をご覧いただけたと思います!

まずはテッパン、星峠の棚田!

そして、次に6月にNPO地域おこしさんと共同で行った田んぼアートの田んぼ!

なんか、黒い部分がワサワサしてます笑・・

 

そして!最近できたばかりの慶地の棚田!雨風がすごい・・!
ですが、慶地の棚田、星峠に負けず劣らずとっても素敵な棚田ビューです!
車を停めてからちょっと歩くのでその心のご準備を!

山に登るほど天気が悪く・・したにいるときには晴れているのですが、棚田があるエリアまで来ると風と雨がすごい!!
そんな中でもにこやかに、楽しんでいただけたようで本当にありがたいです・・。

 

今回のツアーは、ゲストハウスハチャネオープンに際して行ったクラウドファンディングの御礼ツアー!
なかなか実際にツアーに申し込んでいただける方がいなくて残念に思っていたのですが、
ずっとタイミングを図っていただいていたというお二人。お越しいただいて本当に嬉しかったです!

クラウドファンディング自体は色々なものをご覧になっていたということなのですが、
実際にご支援をされたのはゲストハウスハチャネの立ち上げのものだけだということ。
なんというご縁でしょうか・・。我々の取組んでいること、これから取組もうとしていること、
色々なことをお話させていただき、共感をしていただきとても力付けられました!!

こうして自分達の活動に共感をしていただき、実際に足を運んでいただけるということは
本当に嬉しいことです。これからも私たちらしく、前に進んで行きたい!そんな気持ちを
更に強めることができました。

本当にありがとうございました!!

★イベントレポート★十日町移住者の会を開催しました!

8月6日に十日町移住者の会を開催しました!
これは、十日町市の移住促進施策の一つの取り組みで、今回が初の会合となりました。

十日町市には結婚やU/Iターンで十日町に転入される方々がたくさんいらっしゃいます。
移住後様々な悩みを持っている方がいらっしゃると思います。
そんな皆さんで集まって、悩みを相談しあう場、情報交換をしあう場、そして同じ悩みを持つ移住者同士が繋がる場を作ることが会の目的です!
第一回目の今回は、参加者の皆さんの意見などを伺いながら今後どのような会にしていくかを考えていくための場でもありました。

参加者は30代~60代と幅広い年代の男女のかた、移住暦も最もベテランの方で35年という方も!また、Iターンの方、Uターンも様々で、子供自体を十日町で過ごした方の目線と全く新しいところから移住した人の目線の違いなども面白いものでした。
移住者の方と触れ合うことが比較的多いと思っていた我々や、市の移住担当の職員の方にとっても初めてお目にかかる方がたくさんいらっしゃり、つくづく十日町にはたくさんの移住者の方がいらっしゃるんだなぁ・・と感じました。

会合では参加者の自己紹介タイム→移住あるあるトーク→十日町のいいところ悪いところトークなど、皆さんで盛り上がりました!

移住あるある
・十日町弁が難しい(これは移住暦が長い、十日町ネイティブの方との交流が多い方ほどネイティブに近づいていて温度差が!)
・屋号がある(同じ苗字の人が多いので)
・地名がわかりづらい、読めない、聞いてもわからない
・お酒をたくさん飲む(でも翌朝早起き)
・飲み屋が多い、飲み会が多い(納涼会というものもある) などなど!
あるある~~というものがたくさん出てきて、移住者の方々は同じような感覚なんだなーとシミジミ。

十日町のいいところ・悪いところ
・人が温かい、人と人との距離が近い(これは嫌だと思う人も中にはいるのかも?)
・野菜がタダで届く(飢え死にしない笑)
・自然が豊か
・季節の変化を感じられる(四季ではなく六季ある、雪は大変だが春が嬉しい)
・日本酒が美味しい、種類が豊か などなど!

今後の会のあり方
・人と人とのつながりをもっと持てるようなイベント(祭りへ移住者の会として参加)
・各自が今取組んでいることを紹介できる機会を作る
・テーマを決めて興味がある人が集まる様な形式も取り入れる(冠婚葬祭のマナー、方言、地域の行事を知る、育児・・など)
・転勤で十日町に来る人も多いので、企業・学校・病院・・などに呼びかけて参加者を募る などなど多数

第一回目は予想以上に色々な方に集まっていただいて、今後に向けた手ごたえを感じることができる場となりました!
移住をした人がとりあえず困ったことがあったら相談しよう、と思えるような会にしていきたいと思っています。

会の様子。自己紹介タイムで、移住のきっかけや移住者への会への期待などをお話しいただきましたー!

会終了後は移住者同士で交流し、ネットワークを広げていただく場になりました!

蛇足ですが・・
スノボ大好きな岩井としてはこれまでなぜ雪が嫌いな人が多いんだろう・・と不思議に思っていたのですが、お話を聞いていると、多くの学校では授業でクロスカントリーを取り入れているようで、これがとっても辛いのだとか!雪上を滑るのではなく走ったり登ったりして苦しい思い出が多すぎて雪が嫌いになってしまう人が地元には多いそうです!もったいないー!

—————————————————————————————————————————-
移住者の会は株式会社YELLが十日町市より委託を受け企画運営を行っております。
今後の活動予定などについては、株式会社YELLのHP及び株式会社YELLのFacebookページなどをご覧下さい!
お問合せ先:
十日町市役所企画政策課/株式会社YELL(運営受託)
TEL:025-761-7401  Mail:tokamachiyell@gmail.com

武蔵野大学長期フィールド・スタディーズ 第二班の成果報告

武蔵野大学の学生が、クロステン・観光協会・ハチャネの合同インターンシップのプログラムを終えました。
7月28日に成果発表、29日は分じろうの浴衣イベントのお手伝いをして4週間の滞在を締めくくりました(ベルナティオのプログラムはまだまだ継続中)。

ハチャネのお仕事として、歩いて回れるスイーツマップを作ってもらい、完成品を置いてもらうお願いも自分たちで行って来てもらいました。
マップに載せさせていただいたお店やクロステン、観光協会が快く置いてくださったとのことです。
もちろんハチャネにも置いています。
置いてもいいよ!という方がいらしたらお声掛けいただけると嬉しいです!

プログラム全体の成果発表では、十日町の人の温かさに触れ、十日町を「癒しのまち」としてとらえ、心に残ったオススメスポットをマップにしてくれました。

倍以上(;´・ω・)歳の離れた学生が可愛く、わずかな時間でしたが交流を持てたことで、学ばせてもらったことがたくさんありました。

学生に関わってくださった皆様の温かいご支援とご協力に感謝します。
本当にありがとうございました!