About Us

会社概要

●株式会社YELL(エール)

●設立年月:2014年2月

●説明:
 十日町市を中心に活動中。
 地方から日本を元気にしていくための活動邁進中!

●主な事業内容:
・飲食事業:ALE beer&pizzaの運営
・宿泊事業:Guest House ハチャネの運営
経営全般に関わるコンサルティング
・不動産事業
・UIターン支援

●住所・ご連絡先
新潟県十日町市宮下町西267-1
025-761-7401
tokamachiyell@gmail.com
http://yell-japan.com/
https://www.facebook.com/TokamachiYELL/

私たちのやりたいこと

十日町市は、東京から2時間程のアクセス。東京駅から新幹線で80分、越後湯沢でほくほく線に乗り換えて、30分程度で来ることができます。街なかを出ると、田んぼや山などの田舎の風景が広がり、冬は有数の豪雪地帯でもあります。そんな十日町では、3年に1度の世界最大級の国際芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」が2000年から開催されており、沢山の芸術作品が芸術祭期間中・外にも楽しむことができます。また、豪雪を楽しむイベント「十日町雪まつり」は、昭和25年から開催されている、日本で最初の雪まつりです。

十日町は早くから地域おこし協力隊の制度を取り入れ、多くの若者が都市部から移住して来ている地域でもあります。また、市外から来た人がシェアハウスを開いたり、十日町を舞台に新規事業を興す若者がいたり、中山間地の農業に取り組む若者がいたり、豪雪を活かした楽しい遊びを考える人がいたり。地元の人々と、外から移住してきた人たちが融合しながら、地域を元気にする活動を活発に行っている町です。

私達経営メンバーはみな東京出身者です。
4年前に地域おこし協力隊として十日町に来た高木千歩に誘われ、その妹である小泉美智代、妹の旦那である小泉嘉章、その仕事仲間である岩井佳子の4人で2014年2月に会社を立ち上げ、2014年4月に「ALE beer&pizza」というクラフトビールとシカゴスタイルピザのお店を立ち上げ、2016年4月には体験交流型ゲストハウス「ハチャネ」を立ち上げました。メンバーのうち、3名が現在十日町に移住し、1名(岩井:筆者)は十日町と東京の2拠点でYELLの仕事をしています。

十日町で活動をしている中で思うことは、十日町には東京とは違うエネルギーが漲っているということです。十日町では、地域の人(外から来た人も含めて)がとても主体的に動きます。企画する人と参加する人の両方の顔が見える。コミュニティが小さいからこそ、顔の見える消費者や参加者のために色々なことができる環境。地域の人、一人ひとりの参加があってこそ成り立つものがたくさんあり、自分の参画がとても大きなモノに感じられる。とても具体的にイメージすることができ、誰かのために仕事をすることができる。私はそれが十日町の大きな魅力だと思っています。

そのような魅力あふれる十日町市ですが、少子高齢化や若者の地域外への流出、地元経済の縮小等、地方特有の多くの課題を抱えている場所でもあります。株式会社YELLでは体験交流型ゲストハウス「ハチャネ」等の事業を自ら運営することで、雇用創出や地域外からの人の呼び込みに取り組んで行くとともに、地元企業向けのコンサルティング等にも取り組んでいます。地方が直面している環境はあまりにも厳しく、課題は容易に解決できるものではありません。しかし、地方は様々な役割を担う場所であり、地方経済の活性化は日本経済のためにも非常に重要なテーマだと考えています。東京出身者でありながら十日町に惚れこんでしまった我々だからこそできる貢献の仕方があると思っています。今後も地域経済活性化に向けた根本的な課題解決に向けて奮闘していきます。

経営メンバーのご紹介

我々経営メンバーはそれぞれ全く異なるバックグラウンドを持ったツワモノ揃い!
とにかくエネルギーがすごい。そんな我々メンバーを簡単にご紹介させてもらいます!

小泉嘉章 Yoshiki Koizumi

YELLの代表取締役。元は大手不動産会社で全社の改革や戦略を担い続けてきた。特技は先制攻撃。ふわっとした企画を前に進めるには欠かせない人物。できないことはないという自信が周りをたじろがせながらも動かしていく、エネルギー源でもある。コンサルティング事業、不動産事業を主に担当。

高木千歩 Chiho Takagi

両親の故郷である十日町をこよなく愛し、2011年から2年半、十日町市に地域おこし協力隊として活動し、飛渡地区という中山間地を中心に、地域活性化の活動に携わる。エネルギッシュで情熱家、やると決めたことはやりきる。そんな彼女のエネルギーに惹かれて我々メンバーは十日町を中心に活動を進めていくことになったのでした。協力隊時代に培ったネットワークでALEの立ち上げ、運営を中心に行っている。外部セミナー講師等に呼ばれることも多々。

小泉美智代 Michiyo Koizumi

高木千歩の妹。夫である小泉嘉章の起業計画に巻き込まれ、十日町に先発隊として送り込まれALEの立ち上げや運営、その他新事業の企画をがっつりやることに・・。時にALEの新メニューの開発をし、時に人事や経理を担い、時に宿の企画をし・・。奥さん業をやっていたいと思っていた本人の意思とは裏腹に、会社の運営の柱になっている。ゲストハウスハチャネの女将業や内装デザインを主に担当。

岩井佳子 Yoshiko Iwai

コンサルタントとして業務改革や新規事業開発等にたずさわる中で、小泉嘉章の前職の会社のプロジェクトで嘉章に出会う。日本経済に貢献することを目標にコンサル業を11年続けるも、地方から日本を元気にするという新たな可能性に出会う。毎日スノーボードをしながら仕事ができる!という野望に燃えている。YELLではオールラウンダーの立ち位置。現在は東京と十日町の2拠点を行き来しており、コンサルティング事業、YELLの新規事業企画、広報を主に担当。

高木陽子 Yoko Takagi

高木千歩、小泉美智代の母。
我々が十日町でビジネスを始めることを決めたのち、十日町に家を購入!誰よりも早く行動を起こした人物。YELLメンバーの賄いを作ってくれたり、ALEの運営を手伝ってくれたり、実は会社を支えているのはこの人。自身もYokkoというブランドを立ち上げ、着物をリノベーションした洋服や小物のデザイン・製造・販売を行っている。