★ツアーレポート★十日町市の魅力を発見しよう!!移住ツアーin十日町市(棚田・大地の芸術祭編)

 7月22日に十日町市における移住促進事業の一環として、『十日町市の魅力を発見しよう!!移住ツアーin十日町市(棚田・大地の芸術祭編』を開催させていただきました。

この取り組みは、1年を通じて十日町市の様々なエリアをご案内したり、地元の方との交流をしていただくことで、HPや移住相談会や通常の観光ではなかなか知ることができない十日町市の魅力をお伝えしていくことを目的としたツアーです。

記念すべき第一回目の今回は松代・松之山エリア!大地の芸術祭の芸術作品が多く存在し、芸術祭開催当初から積極的に地域外の人の受入れを行っているエリアであり、また中山間地が多く、昔ながらの棚田が多く残っているエリアです。この地域に惚れ込み移住をした移住の先輩(鯨井恵理子さん)にガイドやアレンジをお願いし、観光名所を回るだけではなく、地域に古くから住まわれ地域活性化に取組んでいる方々とお話しをする、そんなディープなツアーになりました!

 

ツアーの流れ

12:30 北越急行ほくほく線 まつだい駅集合
13:00 竹所イエローハウスでランチ&ツアー説明&カフェを切り盛りされる五十嵐さんとのトーク
14:30 松代・松之山エリア観光(星峠の棚田狐塚の棚田美人林
16:00 松代流「茶もっこ」体験(地域交流に積極的に取組まれる高橋さん宅にて)
18:00 北越急行ほくほく線 まつだい駅解散
18:45 ALE beer&pizzaにて懇親会(ご希望の方のみでしたが皆様にご参加いただきました♪)
それでは早速ツアーの内容をご紹介します♪
とっても素敵な佇まい!
こちらのお家は美しい棚田をはじめ日本の原風景に魅せられ十日町市に移住しているドイツ人建築デザイナーのカール・ベンクスさんが古民家を再生して作られた素敵なカフェ。元々は首都圏にお住まいのオーナーさんの別荘でしたが、地域の活性化に活用して行きたいとの想いから、雪の無い季節の土日にカフェとして開放されています。
中もとってもオシャレで素敵な雰囲気です!!!
そしてこちらでツアー参加者の自己紹介やツアーの説明をさせていただいた後、竹所米を使った美味しいランチタイム!
ふき味噌とみょうがたけのおにぎりはとっても美味です!
また、こちらでは地域の協力隊の世話役もされている五十嵐さんとのトークタイムも!

豪雪地帯ならではの冬の道路事情など、とっても盛り上がりました!

 

イエローハウスの内部の見学などもさせていただいた後、車で10分ほどのところにある星峠の棚田へ!
緑が青々としてとても綺麗です!
こちらで思い思いに棚田を楽しみ・・
ドローンでの映像撮影なども!!
星峠を見た後は、なかなか行かない棚田にも行こうということで、狐塚の棚田へ!
こちらは星峠よりも区画整理がされたタイプの棚田です。なかなか地元の人も来ないちょっとレアな棚田かもしれません・・。
松之山らしい山間にある棚田です。
続いて、美人林へ!
一歩足を踏み入れると周りと気温が違います。涼しくてとても気持ちが良いところです。
こちらは私有地なのですが、地域のために開放されており、地域の人たちが手入れをして維持をされています。
レストランイベントが開催されることもあるということ。是非参加してみたい!
美人林の中には池があります。今年は水が少ないですが、周りの木々が映ってとても綺麗なのです。
美人林の外には直売所があり、新鮮な野菜などを買うことができます!
そして思いがけずトマトときゅうりを振舞っていただきましたー!とっても味の濃い、瑞々しい野菜をお塩でいただきました。
ツアーの締めくくりは茶もっこ体験!松代駅近くの高橋様のお宅にお邪魔して、お茶を飲みながら地域の色々なお話を伺いました。
棚田を維持していくことの難しさなど、地域の抱える課題などについてもお話いただき、中山間地のリアルな部分に触れることもできました。写真にはありませんが、奥様手作りの米粉のシフォンケーキも出していただき、こちらも非常に美味でした!どこに行っても色々な食べ物をいただくことができる・・十日町では本当にこういうことが良くあります。皆さんおもてなしをすることがとっても自然なことなのですね。
因みに・・ツアー内容には含まれて鋳ませんでしたが、美人林から高橋さんのお宅に向かう途中に湧き水が出ており、こちらもとっても冷たくて美味しいお水でした!(おなかの弱い方はお気をつけ下さい)
そんなこんなであっという間に18時になり、ツアーは終了!
ですが、皆様任意参加の夜の懇親会にもご参加いただけるということで、その後は市街地にあるALE beer&pizzaにてお酒を飲み飲みながら懇親会!ツアーに参加してみての感想を伺ったり、移住を検討されている皆様それぞれの想いを語り合ったり、とっても盛り上がりました!
少しディープすぎるツアーだったか・・と心配もあったのですが、普段のツアーではいけない場所に行ったり体験をすることができて非常に良かったとのお褒めの言葉をいただき、安心しました!
次回は10月21日(土)に十日町エリアを対象にツアーを実施します!
ツアーの詳細&お申込はこちら!http://tokamachitour2.peatix.com/view
※本ツアーは株式会社YELLが十日町市より委託を受け企画運営を行っております。
お問合せ先:
十日町市役所企画政策課/株式会社YELL(運営受託)
TEL:025-761-7401  Mail:tokamachiyell@gmail.com

武蔵野大学長期フィールド・スタディーズ 第一班の成果報告&打ち上げ

株式会社YELLでは、2017年6月8日に武蔵野大学(東京都江東区)と株式会社YELL(新潟県十日町市)は長期フィールド・スタディーズに関する覚書を締結し、大学生の受入れを開始しております。

これは武蔵野大学に通う学生さんに授業として職業体験をしてもらうプログラムで、その場所の一つとして十日町の各会社、施設等が受け入れ先となるというものです。十日町市には6月から9月までの間に予定では14人の学生さんが滞在し受け入れ先の業務の一部を体験しながら、4週間過ごします。

第1班の学生4名の受入れを6月より開始し、新潟県内屈指のリゾート施設である、あてま高原リゾートベルナティオで就業体験を行っていました。最終日である昨日は学生たちがベルナティオへの提案のプレゼンテーションを行いました。ベルナティオでの就業体験及び、実際に宿泊をしてみて感じたことを素直にまとめたプレゼンテーションは我々の期待を遥かに超える素晴らしい出来でした!ベルナティオの担当者の方にとっても新鮮なアイディアであったということで、今後ベルナティオの施策として実現される可能性も!?

また、夜はALE beer&pizzaで学生たちとの打ち上げ!18歳の若さに圧倒されました(笑)大学入学間もない時期に1ヶ月に渡る集団生活、就業体験というのは学生さんにとってもなかなかハードなものだと思いますが、明るく前向きに過ごしてくれた大学生たちに、我々受け入れ側も多くのものを学ばせてもらいました!いつかまた十日町に遊びに来てくれると嬉しいですね!

今年の9月までに全部で4班、14名の大学生を受け入れます。第2班は既に十日町入りして様々な職業体験を行っているところです。
学生にとっての学びの場を提供できるよう、また十日町に少ない若いパワーやアイディアを活かせるよう、工夫をしていきたいと思います!

武蔵野大学長期フィールドスタディーズに関するニュースリリースはこちら!

真剣なプレゼンテーション

プレゼン後に担当の先生と共に!

ALE beer&pizzaでの打ち上げ!

若さが溢れてますね!ALEがカラオケになりました!