★イベントレポート★第四回移住者の会 どうだった?今年の芸術祭!?を開催しました!

2018年12月2日(日)15時~17時にALE beer & pizzaにて、第四回移住者の会を開催しました!

テーマは「どうだった?今年の芸術祭!?」
芸術祭作品のコンプリートをした方、アーティストの受け入れに携わった方、作品の運営に関わった方、そして芸術祭の開催側の人などなど!とってもディープに芸術祭に関わっていた方々もいらっしゃり、非常に熱いトークになりました!!

作品の名前もスラスラと出てきて、頭の中に作品マップが出来ているのではないかというベテランもいらっしゃり、我々としても非常に勉強になりました。次回の芸術祭では今回教えてもらったことを活かしていきたいところです。

■参加者の芸術祭への関わり方
地元サポーターを経験
コンプリート(コンプリートイベントに120人以上参加)
地元の作品のアーティスト受け入れ
1週間滞在
池谷としてキナーレのお米ショーで米販売
芸術祭をきっかけに移住、奴奈川キャンパスで運営

 

芸術祭の良かったところ・悪かったところに関する意見もたくさん出ました。

■良かったところ
ツアーが増えた
キナーレに何度もいける、お店もたくさんある
外国の方がたくさん来ていた、芸術祭の研究者も、公式ツアーも外国人が多数、スタッフも
SNS映えする作品が多数
地元の人がやっているカフェが増えた
作品が点在している、地域と共存している、地域を周遊できる
ワークショップに参加して自分が書いたものが作品の一部として飾られていた、作品に参加できる
海外の人がお米を沢山買ってくれた
自分の家の近くに人が沢山来ていた、芸術祭の話題が皆の共通の話題になる、外国人の人との交流

■悪かったところ
規模が大きくなって運営の仕方が大変になってきている?
車がないと回るのが大変(田舎道、山道)
宿が少ない、高すぎる(ツアーの人も湯沢に泊まる人が多数)
古い作品のメンテナンスができてない、看板わかりづらい、古い作品がガイドブックに載っていない、地図がわかりづらい、奥地にある作品がわかりづらい
暑かった
受付をやっている人が地元の人ではなかった(交流を目的にしている人には残念)
働く側の人手不足

アクセスやわかりやすさに関しては、良い側面と悪い側面があるようです。
楽しみ方に幅があるということですね。
また、芸術祭もずいぶんと歴史が長くなってきて、作品がどんどん蓄積してきています。
それによっていいところもあるものの、やはり作品の維持メンテナンスというのは運営側にとっても負担になるのかなと思います。
地域の資源とできるのか否か、これも地方の芸術祭の課題だと思います。
ディープに関わった人が多かっただけに、出てきた意見も非常に実のあるものでした。
次回の芸術祭運営にも役立てていただけるようにしたいです!

以下は当日資料です♪

★満員御礼★【2019年3月9日開催】移住ツアーin十日町市 「雪を楽しもう!雪国の暮らし編 」

★お陰様で、お申込み多数のためお申込みを締め切らせていただきました★
———————————————————————————–
十日町市は新潟県の中越地方に位置する、人口5.5万人ほどのまちです。
米どころ、へぎそばがおいしい場所、豪雪地帯、2000年からは「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」が開催され、多くの方が訪れています。
そんな十日町市の一番の特徴は移住者の受入れにとっても積極的な地域であることです!
移住先を考えるときに、実際にその土地にいってみることが第一歩!移住に興味のある皆さんに実際に十日町市に足を運んでもらい、その魅力を発見してもらいたい!

2年目となる本年度も、年3回のツアーで十日町の魅力をお伝えします!
年間3回シリーズ、3月9日は第三回目です。

『雪を楽しもう!雪国の暮らし編』 雪原カーニバル中里に参加!中里エリアを中心に雪国暮らしを知るツアー
●開催日時:2019年3月9日(土)
●タイムテーブル

13:00 JR/ほくほく線十日町駅(西口改札外)集合

13:30 地元料理ランチ&ツアー説明

15:00 住宅見学・雪ほり体験・生活施設見学

17:50 雪原カーニバルなかさとに参加

20:10 十日町駅 解散 十日町駅20:28発の電車を利用できます

●当日ご案内する場所

雪原カーニバルなかさ
「なかさと清津スキー場」で毎年開催されている十日町の風物詩です。目玉はゲレンデ一面に広がる約2万本のスノーキャンドル。幻想的な銀世界を彩ります。
スノーキャンドルはすべて参加者の手作り!ツアー参加者の皆様にはスノーキャンドルの設置・点灯にご参加いただきます☆

いろりとほたるの宿せとぐち
日本三大峡谷「清津峡」のふもとにある古民家。囲炉裏を囲みながらジビエ料理なども楽しむことができる宿です。
ご主人のお話を聞きながら、地元ランチを堪能していただきます!

雪国の住宅&生活紹介
市内の物件、生活関連施設を見学し、十日町に住まうことをリアルにイメージしていただきたいと思います!また、雪国ならではの雪掘りも体験できます!

参加費 :無料(十日町市までの交通費・宿泊費及び食事代(1,500円程度)は各自負担になります。)
※十日町市の移住支援制度を利用することで最大15,000円の交通費・宿泊費の補助を受けられます。詳細は十日町市企画政策課へお問合せください。
交通手段 :
東京から電車をご利用の場合(2時間~2時間30分)上越新幹線で東京駅~越後湯沢駅、ほくほく線で越後湯沢駅~十日町駅
東京から車をご利用の場合(3時間~3時間30分)関越自動車道 練馬IC~六日町IC
※お車でお越しの方はスタッドレスタイヤまたはチェーンを装着ください
服装・持ち物 :「雪原カーニバルなかさと」はゲレンデで開催されます。スキーウェアをご用意するなど防寒対策をお願いします。
宿泊のご案内:
十日町駅徒歩10分の場所にゲストハウス『ハチャネ』(4部屋、定員7名)がございます。その他の宿泊施設もご紹介可能です。
※イベント開催日のため宿が混雑することが予想されます。宿泊希望の方はお早めにご連絡ください。過去の移住ツアーの様子はこちら!
2018年11月24日開催地酒を楽しもう!十日町の名産編 松乃井酒造場や十日町名産を楽しめる場所を巡るツアー 
2018年7月14日大地の芸術祭間近!アートと棚田編
———————————————————————-
お問い合わせ:株式会社YELL(運営受託)
TEL:025-761-7401 Mail:tokamachiyell@gmail.com
お申込み:締め切らせていただきました