活動レポート~信越県境地域づくり交流会~

12月9日に開催された、「第四回信越県境地域づくり交流会」のトークセッション第二部「リノベーションと地域づくり」に弊社小泉がスピーカーとして参加させていただきました。

この取り組みは、上越市創造行政研究所主催、一般社団法人雪国観光圏、信越自然郷(信越9市町村広域観光連携会議)が共催するもので、今回で4回目になります。

~HPより抜粋~
チラシ表紙(画像)長野県と新潟県の境界をはさむ国内有数の豪雪地帯は、中山間地域や地方都市ならではの共通課題を数多く抱えていますが、魅力的な地域資源や意欲的な地域づくりの取組みも数多く存在します。この地域が将来にわたり豊かであり続けるためには、歴史的にもつながりの深かった近隣市町村の人々がお互いに関心を持ち、境界を越えて交流・連携することが大切と考えています。

 そこで、信越県境に近い各地域において地域づくりに取り組む方々からお集まりいただき、学びと交流を深める会を平成27年度から開催しています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんな第四回の活動に、弊社の取り組みを事業者の実例としてご紹介させていただく機会を頂き、ハチャネやALEでのリノベーションの実績などをお話しさせていただきました!

このセッションには、上越市、湯田中温泉、善光寺などで活動される様々な方々が登壇され、皆さんの活動内容をお伺いすることで、非常に我々としても刺激を受けました。
リノベーションそのものを目的とするのではなく、我々で言えば、飲食店やゲストハウスを作ろうとした時に、既存の物件を活用することが有効だった、中で営む活動そのものが目的であり、リノベーションはその手段であった、そのような関係にあるのですが、スピーカーとしてお話しされている皆さんもそのような考えで活動を重ねてらっしゃる方々でした。今回「リノベーション」がテーマではありましたが、それを目的にして箱を作るのではなく、中身が大事、当たり前のところではあるのですが、そういった共通認識があったと思います。

最後の交流会にも多くの方々が参加され、様々な地域で活動される皆さんとの交流を深めることができました。
我々としても、十日町でより良い活動をするために他の地域の取り組みを知ることは非常に有意義だと感じますし、十日町以外の地域で我々としてできることがあれば積極的に関わっていきたい、そんな想いを持っていますので、一つの大きな機会をいただけたと感じています。
これから年3回の開催になるということですので、ますます楽しみです!

プレゼンの様子

トークセッションの様子