インターン富田さんの成果報告会 ~渡吉織物さん~

渡吉織物さんにインターンシップにきていた富田さんが1ヶ月のインターンシップを終了し、先日成果報告会を実施しました。

十日町市では昭和30年代:織物のみ、昭和40年代:染めブーム到来、昭和50年代:ピークが昭和51年、100件以上が組合に加盟、その後、マーケット全体が縮小し、十日町市における着物産業も縮小してきている・・そんな歴史を辿っているのですが、そんな中で渡吉織物さんは三代に渡り織物を営んでいる会社さんです。

そんな渡吉織物さんで1ヶ月間、織物の基本的な行程などを学ぶことができたようです。
そして、雪国生活を体験するために、富田さんは一度地元に戻られた後、冬本番の十日町に再び戻りたいということです。仕事&生活双方を体験して、移住に向けたイメージ固めをしてもらえると良いですね。

成果報告会の中で渡吉織物さんから色々お伺いしたのですが、面白かったのが繭が織物をする糸になるまでのお話し!
ざっくりですが・・

①繭から糸の材料を取る・・この時点で糸の長さは1,500mもある!そして細さは3デニール(9000mに糸を伸ばしたときの重さが1g=1デニール)。とっても繊細なのですねー!!
②羽糸を作る・・8個の繭から糸を作る、ここで21デニールになる
③撚糸・・糸をよって織物ができる糸にする。羽糸を8つ組み合わせる。八層(はちもろ)と八方(はちかた)の2種類がある。
④糸を染める・・染屋さんでやることが多いですが少量の場合は自分で染めることもあるとか。大きなメーカーでは自社で染めもやる。
⑤生地を織る(渡吉さん)

なんと織物に至るまでに非常に多くの行程があります!すごい!!
現在十日町界隈では③以降の行程が行われているようで、①や②は外国で行われていることが通常です。
中国などで絹の消費量が増えてきたことで、絹糸も値上がりしているのだとか。。

着物そのものの消費量は減ってしまっているのですが、手間暇かけて作られた着物をもっと流通させられるようにしていきたいものです。
十日町に関わっている我々としてもやはり着物をどうにかしたいという想いは強いので、今後も研究テーマにしていきたいと思います!

【インターン日記】研修ももうすぐ終了です(渡吉織物インターン、富田)

研修も終了になりますが、多少とも学ぶ事が出来たと思います。織物は奥が深く、とても繊細で少しでも気を緩むと後々影響が出てくるので、あの素敵な反物に出来上がる大変さと着物に仕立て、価格もそれなりになるのは無理もありません。物によってはそれ以上に感じました。

渡吉織物さんの十日町絣

休日の天気がいい日とたまたま月日が良かった事もあり、大地の芸術祭の作品を見る事が出来ました。十日町でこの様な事に力を入れているのはびっくりしたのと素晴らしく思いました。又、東京とは違う文化を感じられ、もう少し過ごしてみたいと思いました。ここで体験した事はとても良い経験をしました。

十日町市の町並み

【インターン日記】仕事の内容②(渡吉織物インターン、富田)

研修も半月が過ぎ、何もかもが足りなく、もう少し時間が欲しいと思いました。まだ十日町市(周辺)の事や特に冬の暮らしを知った上で、移住(仕事)を考えたいところです。しかし、人から聞いた話しによると家賃が高いのはびっくりしました。関東とあまり変わらないのはん~と思いました。

機織りを行いました。やはり、楽しいのと、そのが心地良く感じました。又、織りを行う時、ある程度の基本的な工程を知ると、様々な事に感じられます。

・織り工程(一部分)

・そうこう通し

たて糸、一本づつ穴に通す。

・おさ通し

そうこう通しの後、おさに二本づつ通す。

【インターン日記】仕事の内容(渡吉織物インターン、富田)

町の様子も少し慣れて来た所です。過ごして行く中、所々に野菜の直売所があるけれど、朝市の様な“いちび”、特に鮮魚店などが無いのは残念ですね。又、方言で会話の内容が分かりにくい事もありますが、これも、慣れないと、と思いました。しかし、地元の方々は親切で良くして下さいます。とてもありがたいです。

現場は何よりもを扱うことが、とても難しいです。見ている方は簡単に見えますが、実際に行うと、絹で細く、なかなか思うように行きません。手先が冷たいとなおさらです。少しでも、出来る様にしたいと思います。

織るまでに沢山の工程がある中の一部です。

・くだ巻き(2種類)

よこ糸用に巻く。

 

・ざぐり

束になってある糸を枠に巻く。

・糸を染める

染料で染める。

【インターン日記】初めてのインターン日記投稿!(渡吉織物インターン、富田)

埼玉県から来ました、富田と申します。織物に興味があり、インターンシップを行ている十日町に来ました。10月10日から研修を受け入れて下さいます渡吉織物さんの所に通い、十日町の暮らしの様子を1ヶ月間体験します。

移り始め、気温の差があり過ごしづらく感じましたが、慣れてしまえば、それなりに過ごせました。又、季節的にも、新米や食材で美味しく頂けました。

ここ暫くは織の流れを乗るのと、用語を理解するのに精一杯で、ぎこちない作業の中、渡吉さんのご家族にとても親切丁寧に教えて下さり、ご主人には業界の関する所の案内をして下さいました。

これから色々と覚えていくことが楽しみです!どうぞ宜しくお願いします。

【株式会社YELLニュースリリース】インターン受入れコーディネート開始のお知らせ

株式会社YELLでは本年度より、十日町市内企業へのインターン生の受入れコーディネート及び、弊社へのインターン生の受入れを開始いたしました。
インターン生の受入れコーディネートでは、受け入れ先企業様との各種調整、インターン生の十日町での生活に関する支援、インターン中の住宅の提供などを行います。この事業は、十日町市の「滞在型インターンシップ にいがたで「暮らす・働く」応援プロジェクトモデル事業」の一環という位置づけです。

そして今年の10月から、第一号となるインターン生を十日町市内の着物関連の企業様へ受入れていただいております。
インターン生の体験等を弊社ブログで今後ご紹介させていただきますので、是非ご覧下さいね♪

★株式会社YELLブログページはこちら!→ http://yell-japan.com/blog

★株式会社YELLの移住・交流事業についてはこちら!→ http://wp.me/P6sqNN-1Bq