武蔵野大学長期フィールド・スタディーズ 第二班の成果報告

武蔵野大学の学生が、クロステン・観光協会・ハチャネの合同インターンシップのプログラムを終えました。
7月28日に成果発表、29日は分じろうの浴衣イベントのお手伝いをして4週間の滞在を締めくくりました(ベルナティオのプログラムはまだまだ継続中)。

ハチャネのお仕事として、歩いて回れるスイーツマップを作ってもらい、完成品を置いてもらうお願いも自分たちで行って来てもらいました。
マップに載せさせていただいたお店やクロステン、観光協会が快く置いてくださったとのことです。
もちろんハチャネにも置いています。
置いてもいいよ!という方がいらしたらお声掛けいただけると嬉しいです!

プログラム全体の成果発表では、十日町の人の温かさに触れ、十日町を「癒しのまち」としてとらえ、心に残ったオススメスポットをマップにしてくれました。

倍以上(;´・ω・)歳の離れた学生が可愛く、わずかな時間でしたが交流を持てたことで、学ばせてもらったことがたくさんありました。

学生に関わってくださった皆様の温かいご支援とご協力に感謝します。
本当にありがとうございました!

武蔵野大学長期フィールド・スタディーズ 第一班の成果報告&打ち上げ

株式会社YELLでは、2017年6月8日に武蔵野大学(東京都江東区)と株式会社YELL(新潟県十日町市)は長期フィールド・スタディーズに関する覚書を締結し、大学生の受入れを開始しております。

これは武蔵野大学に通う学生さんに授業として職業体験をしてもらうプログラムで、その場所の一つとして十日町の各会社、施設等が受け入れ先となるというものです。十日町市には6月から9月までの間に予定では14人の学生さんが滞在し受け入れ先の業務の一部を体験しながら、4週間過ごします。

第1班の学生4名の受入れを6月より開始し、新潟県内屈指のリゾート施設である、あてま高原リゾートベルナティオで就業体験を行っていました。最終日である昨日は学生たちがベルナティオへの提案のプレゼンテーションを行いました。ベルナティオでの就業体験及び、実際に宿泊をしてみて感じたことを素直にまとめたプレゼンテーションは我々の期待を遥かに超える素晴らしい出来でした!ベルナティオの担当者の方にとっても新鮮なアイディアであったということで、今後ベルナティオの施策として実現される可能性も!?

また、夜はALE beer&pizzaで学生たちとの打ち上げ!18歳の若さに圧倒されました(笑)大学入学間もない時期に1ヶ月に渡る集団生活、就業体験というのは学生さんにとってもなかなかハードなものだと思いますが、明るく前向きに過ごしてくれた大学生たちに、我々受け入れ側も多くのものを学ばせてもらいました!いつかまた十日町に遊びに来てくれると嬉しいですね!

今年の9月までに全部で4班、14名の大学生を受け入れます。第2班は既に十日町入りして様々な職業体験を行っているところです。
学生にとっての学びの場を提供できるよう、また十日町に少ない若いパワーやアイディアを活かせるよう、工夫をしていきたいと思います!

武蔵野大学長期フィールドスタディーズに関するニュースリリースはこちら!

真剣なプレゼンテーション

プレゼン後に担当の先生と共に!

ALE beer&pizzaでの打ち上げ!

若さが溢れてますね!ALEがカラオケになりました!