★ツアーレポート★十日町市の魅力を発見しよう!!移住ツアーin十日町市(きものの町十日町編)

 10月21日に十日町市における移住促進事業の一環として、十日町市の魅力を発見しよう!!移住ツアーin十日町市(きものの町十日町編を開催させていただきました。

この取り組みは、1年を通じて十日町市の様々なエリアをご案内したり、地元の方との交流をしていただくことで、HPや移住相談会や通常の観光ではなかなか知ることができない十日町市の魅力をお伝えしていくことを目的としたツアーです。

第2回目となる今回は、十日町市の中心地であり着物産業の中心地となっていたほくほく線/飯山線十日町駅周辺で十日町市を体験いただきました!

最初のランチ@うぶすなの家ではうぶすなの家をきりもりするお母さんたちがたっぷりと十日町の取り組み、芸術祭のこと、地域の魅力などをお話しくださり、そして最後のきもの絵巻館では運営会社である「きものアイ」(吉澤織物さんの販売会社)の吉澤社長に十日町のきものの歴史と今についてのお話しや素晴らしい着物を沢山見せていただきました!

最後の懇親会も日本酒を飲んだり、妻有ポークのお料理を楽しんだりしながら、参加者同士も沢山のお話しをされて親睦を深めることができました(^^)/

 

ツアーの流れ

11:15 北越急行ほくほく線/飯山線 十日町駅集合
11:45 うぶすなの家でランチ&ツアー説明
13:20 空き家見学(新水のシェアハウス 他)
15:00 諏訪神社&中心市街地ツアー
16:40 きもの絵巻館見学
18:10 北越急行ほくほく線/飯山線 十日町駅駅解散
18:30 懇親会(ご希望の方のみ)

それでは早速ツアーの内容をご紹介します♪
まずはうぶすなの家
こちらは2006年の第三回大地の芸術祭時に作られた作品。十日町市の東下組という場所にあります。
大正時代に作られた風情ある建物。2004年の中越地震の際に被災してしまったのですが、それを補修しながら10名にもなる芸術家たちが「やきもの」で再生しています。現在こちらは地域のお母さんたち10名により運営されており、とっても美味しいランチを食べることができます。
到着するとすぐに、お母さんのお一人が出迎えてくれ、うぶすなの家のこと、芸術祭のこと、地域のこと・・など沢山のことをお話ししてくれました!!!
 芸術祭の始まった年にはなんと地域のお母さん皆でうぶすなの家を運営しており、60名にもなる人々が関わっていたとか!!すごい!
そして今は少しでも地域の活動拠点になるように、という思いでインターン生の受入れなどもされています(写真の奥の方にいらっしゃるのが今インターン出来ている人です)。十日町を元気にしていきたい、そんな思いがとっても強く、そして実際にアクティブに活動しているお母さんたち、素晴らしいです!そして本当によく色々なことを知っている!!
そんな話しを伺っているうちに、豪華なランチが登場!!
もちろん全部手作り!こんにゃくまで手作り!お米は今年の新米!!
どれも美味しくて、皆さんご飯をモリモリお代わりしていましたーー!(すごく甘くて美味しいお米です!)
最後に芸術作品であるうぶすなの家の中を見学させてもらいました!素敵な芸術作品が沢山あります!
そして続いて、空き家ツアーへ!
一つ目は、新水にあるシェアハウス!こちらは2017年4月にオープンしたばかりの新しい物件。
古い民家をリノベーション、十日町市内の設計事務所がデザインをしています。
6部屋があり、短期のお試し居住もできる物件です。外観もとっても素敵です。
中もとっても綺麗。地域の方と交流ができるようにと、リビングには大きな土間が用意されています。
色々な使い方ができそうですね。
お部屋もすぐに住める状態!梁が素敵です。
二つ目の物件は十日町の空き家バンクに登録されている売り物件の一軒家。
水周りなどはリノベーションされていてすぐに住める状態になっています。
古い物件ではありますが、和室のしつらえも素敵です!

普段なかなか見られない、一人で見に行くよりも気軽に物件を見ることができるということで、皆さんとても楽しんでいただきました!

 

そして、続いて市街地ツアーへ!
織物関係者の信仰を集める「御機神社」も祀られている、諏訪神社です。
高台にあるので登り坂がちょっと大変ですが、町を一望することができます。

市内を一望! 
その後、車で色々な中心市街地の施設を回ったり、キナーレに立ち寄ってお土産を買ったりした後、「きもの絵巻館」へ!
まずはきもの絵巻館を運用するきものアイの吉澤社長自らが十日町の着物産業の歴史や現状を詳しく教えてくれました。
そしていよいよ、着物を見せて頂ます!沢山のきものが展示販売されている・・!
綺麗!!!友禅染の着物たち。
こちらは総絞りのもの!!お値段にもびっくりですが、手が込んだ素晴らしい着物です!
こちらは越後上布というもの!ご説明いただいているものはユネスコ文化遺産にも指定されている技法で作られたものです。
明石ちぢみの製品も沢山置いてあります!
素晴らしい解説付きで沢山のきものを見せていただきました!見るだけとは全然違います!
そんなこんなで、第二回目は少し長めのスケジュールでしたがあっという間にツアーは終了!
最後はイコテ/IKOTEで懇親会!多くの皆さんにご参加いただきました(●^^●)
美味しいお酒とご飯を食べながら、ツアー参加者同士でワイワイと盛り上がってお話ししていただきました♪
今回のツアーも見所盛りだくさんでとても楽しかった!というご意見を沢山いただきました。良かったです!!!
次回は冬場に中里エリアを対象にツアーを実施します!
ツアーのお知らせは弊社HP、FacebookページPeatixイベントページなどで発信しますのでチェックしてみて下さいね♪
—————————————————————————————————
※本ツアーは株式会社YELLが十日町市より委託を受け企画運営を行っております。
お問合せ先:
十日町市役所企画政策課/株式会社YELL(運営受託)
TEL:025-761-7401  Mail:tokamachiyell@gmail.com

【株式会社YELLニュースリリース】インターン受入れコーディネート開始のお知らせ

株式会社YELLでは本年度より、十日町市内企業へのインターン生の受入れコーディネート及び、弊社へのインターン生の受入れを開始いたしました。
インターン生の受入れコーディネートでは、受け入れ先企業様との各種調整、インターン生の十日町での生活に関する支援、インターン中の住宅の提供などを行います。この事業は、十日町市の「滞在型インターンシップ にいがたで「暮らす・働く」応援プロジェクトモデル事業」の一環という位置づけです。

そして今年の10月から、第一号となるインターン生を十日町市内の着物関連の企業様へ受入れていただいております。
インターン生の体験等を弊社ブログで今後ご紹介させていただきますので、是非ご覧下さいね♪

★株式会社YELLブログページはこちら!→ http://yell-japan.com/blog

★株式会社YELLの移住・交流事業についてはこちら!→ http://wp.me/P6sqNN-1Bq

 

11月11日(土)開催! クラフトビールとシカゴピザで乾杯!地元あるあるネタで盛り上がろう!

11月11日(土)にALE beer&pizzaにて、イベントを開催します♪
シカゴピザとクラフトビールを楽しみながら、色々な人とお話しして盛り上がろう!
という企画。
この企画では、十日町市内の人のみならず、新潟市などからも参加者を募り、
いつもお話ししないような色々な人と交流をする場を提供できればと思っています!

 

日時
11/11(Sat)  16:00~20:00

受付時間
15:15~

応募締め切り
10/31(Tue)

対象者
25歳~40歳の 独身男女 各15名
※男性向け事前説明会 
11月3日(金)/無料/ALE beer&pizza/午後3時~5時
応募多数の場合は、説明会参加者から優先的に抽選します
結果は後日郵送します

会場
ALE beer & pizza 十日町市宮下町西267-1

料金
Men4,500円 Women3,500円
※アルコールの提供がありますので、飲酒運転は固くお断りします。
※当選後のキャンセルはキャンセル料が発生します。

お申込
株式会社YELL
Mail: tokamachiyell@gmail.com
Fax: 025-755-5774
メールまたはファックスで「ハピコン申し込み」と明記の上、
①氏名
②ふりがな
③性別
④郵便番号
⑤住所
⑥携帯電話番号
⑦生年月日
をお知らせください。

※イベントページへの参加表明は正式なお申込になりませ
※新潟県「あなたの婚活」応援プロジェクト認定イベントです。
※十日町市HPでも詳細情報掲載しています♪
http://www.city.tokamachi.lg.jp/soshiki/sm/01/05/gyomu/1495765812248.html

★イベントレポート★9月3日開催 BBQパーティー@なにわ茶屋

9月3日に南魚沼市の六日町駅前にあるなにわ茶屋さんにて、
なにわ茶屋、エル・グリーンファーム、株式会社YELL合同のBBQイベントを開催させていただきました!

南魚沼市は十日町市の隣、六日町には車でも電車でも30分程度でいける距離なのですが、我々の中ではあまり交流が無く、チャンスがあれば是非に!と考えていたところ、我々の活動に興味を持っていただいたなにわ茶屋の若女将、奥野真理香さんからお声がけをいただいて、イベントを開催する運びになりました!


地域をもっと元気にしたい!そのために何かできることをしたい!という思いを持つ方々で集まって、つながりを作ることで、新しい取り組みにつなげていければ・・という思いで開催したこの会。その目的は十分に達成されたのではないかと思っています。

当日は南魚沼市、十日町市のみならず、長岡や見附などからもお客様がいらっしゃり、30名の定員を越えるにぎやかなBBQイベントになりました!なにわ茶屋さんプロデュースの焼肉や、ALEのシカゴピザ、エル・グリーンファームさんのカベルネソービニオンのジャムやドリンク、美の川さんの日本酒などなど盛りだくさんのフード・ドリンクメニュー。

そして、会の発足を記念したプレートの共同制作や、参加者同士でのグループディスカッションなどなど、参加者同士が今後のつながりをもてるような様々な企画あり!非常に盛り上がりました!

そして、会の様子をムービーにまでしていただきました!!!
津南町のプロモーションムービーなどを手がけるHypeさんによるものです。ありがとうございますー!!
https://www.youtube.com/watch?v=JvWLFPGfu4g&sns=fb

★イベントレポート★十日町移住者の会を開催しました!

8月6日に十日町移住者の会を開催しました!
これは、十日町市の移住促進施策の一つの取り組みで、今回が初の会合となりました。

十日町市には結婚やU/Iターンで十日町に転入される方々がたくさんいらっしゃいます。
移住後様々な悩みを持っている方がいらっしゃると思います。
そんな皆さんで集まって、悩みを相談しあう場、情報交換をしあう場、そして同じ悩みを持つ移住者同士が繋がる場を作ることが会の目的です!
第一回目の今回は、参加者の皆さんの意見などを伺いながら今後どのような会にしていくかを考えていくための場でもありました。

参加者は30代~60代と幅広い年代の男女のかた、移住暦も最もベテランの方で35年という方も!また、Iターンの方、Uターンも様々で、子供自体を十日町で過ごした方の目線と全く新しいところから移住した人の目線の違いなども面白いものでした。
移住者の方と触れ合うことが比較的多いと思っていた我々や、市の移住担当の職員の方にとっても初めてお目にかかる方がたくさんいらっしゃり、つくづく十日町にはたくさんの移住者の方がいらっしゃるんだなぁ・・と感じました。

会合では参加者の自己紹介タイム→移住あるあるトーク→十日町のいいところ悪いところトークなど、皆さんで盛り上がりました!

移住あるある
・十日町弁が難しい(これは移住暦が長い、十日町ネイティブの方との交流が多い方ほどネイティブに近づいていて温度差が!)
・屋号がある(同じ苗字の人が多いので)
・地名がわかりづらい、読めない、聞いてもわからない
・お酒をたくさん飲む(でも翌朝早起き)
・飲み屋が多い、飲み会が多い(納涼会というものもある) などなど!
あるある~~というものがたくさん出てきて、移住者の方々は同じような感覚なんだなーとシミジミ。

十日町のいいところ・悪いところ
・人が温かい、人と人との距離が近い(これは嫌だと思う人も中にはいるのかも?)
・野菜がタダで届く(飢え死にしない笑)
・自然が豊か
・季節の変化を感じられる(四季ではなく六季ある、雪は大変だが春が嬉しい)
・日本酒が美味しい、種類が豊か などなど!

今後の会のあり方
・人と人とのつながりをもっと持てるようなイベント(祭りへ移住者の会として参加)
・各自が今取組んでいることを紹介できる機会を作る
・テーマを決めて興味がある人が集まる様な形式も取り入れる(冠婚葬祭のマナー、方言、地域の行事を知る、育児・・など)
・転勤で十日町に来る人も多いので、企業・学校・病院・・などに呼びかけて参加者を募る などなど多数

第一回目は予想以上に色々な方に集まっていただいて、今後に向けた手ごたえを感じることができる場となりました!
移住をした人がとりあえず困ったことがあったら相談しよう、と思えるような会にしていきたいと思っています。

会の様子。自己紹介タイムで、移住のきっかけや移住者への会への期待などをお話しいただきましたー!

会終了後は移住者同士で交流し、ネットワークを広げていただく場になりました!

蛇足ですが・・
スノボ大好きな岩井としてはこれまでなぜ雪が嫌いな人が多いんだろう・・と不思議に思っていたのですが、お話を聞いていると、多くの学校では授業でクロスカントリーを取り入れているようで、これがとっても辛いのだとか!雪上を滑るのではなく走ったり登ったりして苦しい思い出が多すぎて雪が嫌いになってしまう人が地元には多いそうです!もったいないー!

移住者の会は株式会社YELLが十日町市より委託を受け企画運営を行っております。
今後の活動予定などについては、株式会社YELLのHP及び株式会社YELLのFacebookページなどをご覧下さい!
お問合せ先:
十日町市役所企画政策課/株式会社YELL(運営受託)
TEL:025-761-7401  Mail:tokamachiyell@gmail.com

【HP更新のお知らせ】移住促進・交流事業のページを追加しました!

株式会社YELLでは、十日町市の移住関連のお仕事(移住ツアー・移住者の会・移住相談会対応等)や武蔵野大学長期フィールド・スタディーズの受入れなど、移住促進・交流事業にも取組んでおります。

非常に簡単ではありますが、HPに取組み内容をまとめましたので、ご覧下さい!

★株式会社YELL HP 移住促進・交流事業
http://wp.me/P6sqNN-1Bq

 

武蔵野大学長期フィールド・スタディーズ 第二班の成果報告

武蔵野大学の学生が、クロステン・観光協会・ハチャネの合同インターンシップのプログラムを終えました。
7月28日に成果発表、29日は分じろうの浴衣イベントのお手伝いをして4週間の滞在を締めくくりました(ベルナティオのプログラムはまだまだ継続中)。

ハチャネのお仕事として、歩いて回れるスイーツマップを作ってもらい、完成品を置いてもらうお願いも自分たちで行って来てもらいました。
マップに載せさせていただいたお店やクロステン、観光協会が快く置いてくださったとのことです。
もちろんハチャネにも置いています。
置いてもいいよ!という方がいらしたらお声掛けいただけると嬉しいです!

プログラム全体の成果発表では、十日町の人の温かさに触れ、十日町を「癒しのまち」としてとらえ、心に残ったオススメスポットをマップにしてくれました。

倍以上(;´・ω・)歳の離れた学生が可愛く、わずかな時間でしたが交流を持てたことで、学ばせてもらったことがたくさんありました。

学生に関わってくださった皆様の温かいご支援とご協力に感謝します。
本当にありがとうございました!

★ツアーレポート★十日町市の魅力を発見しよう!!移住ツアーin十日町市(棚田・大地の芸術祭編)

 7月22日に十日町市における移住促進事業の一環として、『十日町市の魅力を発見しよう!!移住ツアーin十日町市(棚田・大地の芸術祭編』を開催させていただきました。

この取り組みは、1年を通じて十日町市の様々なエリアをご案内したり、地元の方との交流をしていただくことで、HPや移住相談会や通常の観光ではなかなか知ることができない十日町市の魅力をお伝えしていくことを目的としたツアーです。

記念すべき第一回目の今回は松代・松之山エリア!大地の芸術祭の芸術作品が多く存在し、芸術祭開催当初から積極的に地域外の人の受入れを行っているエリアであり、また中山間地が多く、昔ながらの棚田が多く残っているエリアです。この地域に惚れ込み移住をした移住の先輩(鯨井恵理子さん)にガイドやアレンジをお願いし、観光名所を回るだけではなく、地域に古くから住まわれ地域活性化に取組んでいる方々とお話しをする、そんなディープなツアーになりました!

 

ツアーの流れ

12:30 北越急行ほくほく線 まつだい駅集合
13:00 竹所イエローハウスでランチ&ツアー説明&カフェを切り盛りされる五十嵐さんとのトーク
14:30 松代・松之山エリア観光(星峠の棚田狐塚の棚田美人林
16:00 松代流「茶もっこ」体験(地域交流に積極的に取組まれる高橋さん宅にて)
18:00 北越急行ほくほく線 まつだい駅解散
18:45 ALE beer&pizzaにて懇親会(ご希望の方のみでしたが皆様にご参加いただきました♪)
それでは早速ツアーの内容をご紹介します♪
とっても素敵な佇まい!
こちらのお家は美しい棚田をはじめ日本の原風景に魅せられ十日町市に移住しているドイツ人建築デザイナーのカール・ベンクスさんが古民家を再生して作られた素敵なカフェ。元々は首都圏にお住まいのオーナーさんの別荘でしたが、地域の活性化に活用して行きたいとの想いから、雪の無い季節の土日にカフェとして開放されています。
中もとってもオシャレで素敵な雰囲気です!!!
そしてこちらでツアー参加者の自己紹介やツアーの説明をさせていただいた後、竹所米を使った美味しいランチタイム!
ふき味噌とみょうがたけのおにぎりはとっても美味です!
また、こちらでは地域の協力隊の世話役もされている五十嵐さんとのトークタイムも!

豪雪地帯ならではの冬の道路事情など、とっても盛り上がりました!

 

イエローハウスの内部の見学などもさせていただいた後、車で10分ほどのところにある星峠の棚田へ!
緑が青々としてとても綺麗です!
こちらで思い思いに棚田を楽しみ・・
ドローンでの映像撮影なども!!
星峠を見た後は、なかなか行かない棚田にも行こうということで、狐塚の棚田へ!
こちらは星峠よりも区画整理がされたタイプの棚田です。なかなか地元の人も来ないちょっとレアな棚田かもしれません・・。
松之山らしい山間にある棚田です。
続いて、美人林へ!
一歩足を踏み入れると周りと気温が違います。涼しくてとても気持ちが良いところです。
こちらは私有地なのですが、地域のために開放されており、地域の人たちが手入れをして維持をされています。
レストランイベントが開催されることもあるということ。是非参加してみたい!
美人林の中には池があります。今年は水が少ないですが、周りの木々が映ってとても綺麗なのです。
美人林の外には直売所があり、新鮮な野菜などを買うことができます!
そして思いがけずトマトときゅうりを振舞っていただきましたー!とっても味の濃い、瑞々しい野菜をお塩でいただきました。
ツアーの締めくくりは茶もっこ体験!松代駅近くの高橋様のお宅にお邪魔して、お茶を飲みながら地域の色々なお話を伺いました。
棚田を維持していくことの難しさなど、地域の抱える課題などについてもお話いただき、中山間地のリアルな部分に触れることもできました。写真にはありませんが、奥様手作りの米粉のシフォンケーキも出していただき、こちらも非常に美味でした!どこに行っても色々な食べ物をいただくことができる・・十日町では本当にこういうことが良くあります。皆さんおもてなしをすることがとっても自然なことなのですね。
因みに・・ツアー内容には含まれて鋳ませんでしたが、美人林から高橋さんのお宅に向かう途中に湧き水が出ており、こちらもとっても冷たくて美味しいお水でした!(おなかの弱い方はお気をつけ下さい)
そんなこんなであっという間に18時になり、ツアーは終了!
ですが、皆様任意参加の夜の懇親会にもご参加いただけるということで、その後は市街地にあるALE beer&pizzaにてお酒を飲み飲みながら懇親会!ツアーに参加してみての感想を伺ったり、移住を検討されている皆様それぞれの想いを語り合ったり、とっても盛り上がりました!
少しディープすぎるツアーだったか・・と心配もあったのですが、普段のツアーではいけない場所に行ったり体験をすることができて非常に良かったとのお褒めの言葉をいただき、安心しました!
次回は10月21日(土)に十日町エリアを対象にツアーを実施します!
ツアーの詳細&お申込はこちら!http://tokamachitour2.peatix.com/view
※本ツアーは株式会社YELLが十日町市より委託を受け企画運営を行っております。
お問合せ先:
十日町市役所企画政策課/株式会社YELL(運営受託)
TEL:025-761-7401  Mail:tokamachiyell@gmail.com

武蔵野大学長期フィールド・スタディーズ 第一班の成果報告&打ち上げ

株式会社YELLでは、2017年6月8日に武蔵野大学(東京都江東区)と株式会社YELL(新潟県十日町市)は長期フィールド・スタディーズに関する覚書を締結し、大学生の受入れを開始しております。

これは武蔵野大学に通う学生さんに授業として職業体験をしてもらうプログラムで、その場所の一つとして十日町の各会社、施設等が受け入れ先となるというものです。十日町市には6月から9月までの間に予定では14人の学生さんが滞在し受け入れ先の業務の一部を体験しながら、4週間過ごします。

第1班の学生4名の受入れを6月より開始し、新潟県内屈指のリゾート施設である、あてま高原リゾートベルナティオで就業体験を行っていました。最終日である昨日は学生たちがベルナティオへの提案のプレゼンテーションを行いました。ベルナティオでの就業体験及び、実際に宿泊をしてみて感じたことを素直にまとめたプレゼンテーションは我々の期待を遥かに超える素晴らしい出来でした!ベルナティオの担当者の方にとっても新鮮なアイディアであったということで、今後ベルナティオの施策として実現される可能性も!?

また、夜はALE beer&pizzaで学生たちとの打ち上げ!18歳の若さに圧倒されました(笑)大学入学間もない時期に1ヶ月に渡る集団生活、就業体験というのは学生さんにとってもなかなかハードなものだと思いますが、明るく前向きに過ごしてくれた大学生たちに、我々受け入れ側も多くのものを学ばせてもらいました!いつかまた十日町に遊びに来てくれると嬉しいですね!

今年の9月までに全部で4班、14名の大学生を受け入れます。第2班は既に十日町入りして様々な職業体験を行っているところです。
学生にとっての学びの場を提供できるよう、また十日町に少ない若いパワーやアイディアを活かせるよう、工夫をしていきたいと思います!

武蔵野大学長期フィールドスタディーズに関するニュースリリースはこちら!

真剣なプレゼンテーション

プレゼン後に担当の先生と共に!

ALE beer&pizzaでの打ち上げ!

若さが溢れてますね!ALEがカラオケになりました!

【株式会社YELLニュースリリース】武蔵野大学長期フィールド・スタディーズの受入れについて

6月8日、武蔵野大学(東京都江東区)と株式会社YELL(新潟県十日町市)は長期フィールド・スタディーズに関する覚書を締結しました。

これは武蔵野大学に通う学生さんに授業として職業体験をしてもらうプログラムで、その場所の一つとして十日町の各会社、施設等が受け入れ先となるというものです。十日町市には6月から9月までの間に予定では14人の学生さんが滞在し受け入れ先の業務の一部を体験しながら、4週間過ごします。

株式会社YELLは武蔵野大学とその受け入れ先の間で各種調整などのアレンジを行い、また学生に宿所を提供します。また受け入れ先の一つにもなります。学生さんには職業体験で社会人経験を積みながら空いた時間には十日町の観光などもしてもらう予定です。長い期間とは言えませんが若い人たちと十日町市に良い関係ができることを期待しています。

武蔵野大学の長期フィールド・スタディーズについて
武蔵野大学HP